受託分析のご案内(材料分析)

製品とサービス

~こんな事にお困りでは無いですか?~

☑サイレントチェンジ 原料の成分が変ったのでは?
☑NG品とOK品 何が違うのか?製造ロットで違いが生じる。
☑生産拠点で品質が異なってしまう。その原因を知りたい!
☑他社製品との違いを知りたい!
☑異物混入 何が混入したのか知りたい!
☑サンプルの前処理が出来ない!
☑FT-IR , GC/MS , LC/MS などの分析機器では解決できない。

 

~上記の課題を解決する弊社がご提供するシステム~

◎自社開発、多目的イオン源ChemZo(気体、液体、固体を直接分析いたします。前処理不要)を用いたサンプルのイオン化
◎室温から600℃まで昇温可能な昇温加熱デバイス
◎ブルカー社、飛行時間型LC/MS/MS compactを用い精密質量を測定
◎GC/MS , LC/MSで解決できない問題へアプローチ
◎自社開発、材料データベースによる候補化合物の検索
◎自社開発、差分解析ソフトウェアによりサンプル間の違いを発見
◎自社開発、KMD解析ソフトウェアにより熱分解したポリマー構造の解析

 

 

ご質問・お見積り依頼等、お気軽にご相談ください

 

測定のワークフロー(直接分析の最大のメリット=10分前後で測定終了!)

こんなデータを取得致します

TICにて分析全体のプロファイルをお示しします。


室温から600℃迄の昇温加熱にて得られたデータは100℃間隔の温度帯の平均スペクトルとして
6枚のスペクトル + 600℃にて1分保持されたスペクトルをお示しします。

添加剤などの低分子は差分解析により、サンプルA,Bに共通の成分をTICから抽出、片方にしか存在しない成分の発見。データベースサーチ、精密質量からの組成計算により、構造推定を行います。

ポリマー成分は、熱分解した各温度帯の平均スペクトルをKMD解析。
繰り返し単位の検索ならびに連鎖構造からサンプルA,Bの違いやポリマーの性質を考察いたします。

 

受託分析の流れ(受付→見積もり→分析→結果報告)


 

納期・費用は試料・ご依頼内容によりますので、まずは、お気軽にご相談ください!

ご質問・お見積り依頼等、お気軽にご相談ください

 

その他、利用する分析システムに関して

受託分析で用いる材料分析システムについて

本システムを用い、ゴム・樹脂・塗料・潤滑油・インク・化粧品などを測定いたします。

材料分析に関するアプリケーション一覧

上記リンク先のページにて、各アプリケーションノートのタイトル一覧をご覧いただけます。

※また、測定可能なサンプルの例について、下記のリンクからアプリケーションのタイトルリスト(EXCELファイル)をダウンロードいただき、一覧をご覧いただけます。ファイル内に、各アプリケーションノートへのリンクが貼られております。
アプリノート目次210226更新(EXCELファイル)
※動画でアプリケーションの解説をご覧いただくことも可能です。下記のリンクからタイトルリスト(EXCELファイル)をダウンロードいただけます。ファイル内に、アプリケーションの解説を含む動画へのリンク(YouTube)が貼られております。
動画目次210303更新(EXCELファイル)

 

受託分析をご利用いただいたお客様の声

第1弾 受託分析

受託分析(立会測定)第1弾
材料分析の強力な武器を
手に入れることが出来ました!

古河電気工業株式会社 先端技術研究所 解析技術センター 分析技術2課
若江 真理子 様

第2弾 受託分析

受託分析 第2弾
信頼できるデータに基づき、未知サンプルの材質を迅速に特定していただきました!

総合重機メーカー 総合研究所 U 様

第3弾 受託分析

ionRocket DART-MSの可能性を実感することが出来ました

某日用品メーカー 分析グループ M 様

 

 

 

 

ご質問・お見積り依頼等、お気軽にご相談ください

材料分析システムについてはこちら

 

 

arrow_drop_up