レトロネーザルアロマ計測システム

製品とサービス

レトロネーザルアロマ計測システム~喫食時の鼻腔を抜ける呼気の分析~

レトロネーザルアロマ計測を身近なものにするソリューション

手軽に使える有用な食品開発のサポートツールとして下記システムをご提供します。

ChemZo ~香気成分の直接イオン化~

ChemZoは弊社が開発いたしました全く新しいイオン源です。常温、大気圧下のコロナ放電によるイオン源となります。

香気成分の直接分析が可能となり、レトロネーザルアロマ計測においては、喫食前、喫食中、喫食後の連続的な呼気中の香気成分の計測が可能となります。弊社が開発いたしました専用ソフト「Retronasal Plus」を用いる事で呼気中の香気成分のマーカー探索や香気成分の挙動の可視化が可能となります。また、様々な状況下での香りの放出挙動をリアルタイムで計測する事も出来ます。

弊社従来製品との比較におきましては、より高感度、より高い応答性を有しています。またHeガスを必要といたしません。

尚、このイオン源はBruker社専用のイオン源となります。

ChemZo外観図とイオン源の構造

レトロネーザルアロマ計測の風景

専用のノーズマスクにて喫食前、喫食中、喫食後(余韻)の鼻腔から抜ける呼気を計測。一定の呼吸のリズムで計測を行います。

 

資料請求・ご質問・デモ相談等受け付けております

 

マーカー探索ソフトウェア「Retronasal Plus」

レトロネーザルアロマ計測において官能とリンクする特徴的な香気成分を見つけ出すことは困難なケースが多く、香気成分由来と思われるマーカーイオンを自動探索するソフトが「Retronasal Plus」です。喫食前の呼気をブランクとし、喫食中から余韻の間、ブランクに対して変動の大きなイオンを探索いたします。


ツナのレトロネーザルアロマ計測
MH⁺としてm/z=60-60.5に存在するツナのマーカーイオンはm/z=60.0808、トリメチルアミンと推定

 

分析例

缶コーヒーのレトロネーザルアロマを可視化


マーカー探索ソフトRetronasal Plusにて3種類のマーカーを探索。
探索後、精密質量よりPyridine、Dimethilpyrazine、Methlpyrazineと推定

※その他、牛肉、バナナ、チョコレート、紅茶、缶チューハイ、様々な食品を測定中です。

 

資料請求・ご質問・デモ相談等受け付けております

 

分析アプリケーション

分析アプリケーションはこちら

 

製品カタログ

『ChemZo』のカタログはこちら

 

音声(動画)でのご紹介


レトロネーザルアロマ計測システムの紹介


Spectra Scope’s Retronasal Plus ~マーカー探索ソフトウェア~

※YouTubeのページへリンクしています。

 

資料請求・ご質問・デモ相談等受け付けております

 

arrow_drop_up