DART-MS分析用 昇温加熱デバイス  ionRocket

製品とサービス


ionRocketは試料を直接、熱脱着、熱分解しDARTによりイオン化した後に質量分析計へ導入する昇温加熱デバイスです。
試料は室温から600℃まで100℃/min前後の昇温スピードで加熱することが出来ます。難溶解性の試料も無処理で測定することが出来ます。

ionrocket 

 

デモ依頼・ご質問等受け付けております

 

よくあるご質問はこちら

 

◆熱脱着・熱分解直接質量分析法の測定例(ナイロン-6)

室温~400℃:熱脱着領域
添加剤や残留モノマーなどが沸点順に検出される

400~600℃:熱分解領域
ナイロン-6の熱分解物が検出される

 

◆統合解析ソフトウェア

・材料データベース・ポリマー解析(KMD解析含む)・差分解析機能を持つソフトウェアSpectra Scope

 

製品カタログ

ionRocketのカタログはこちら
各種カタログ一覧はこちら

受託分析も行っています。

 

分析アプリケーション

分析アプリケーションはこちら

 

学会発表

学会発表はこちら

 

公開文献(更新日 2019.5)

一覧はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

材料分析セミナー

ionRocket DART-MSの特徴や材料分析事例を紹介します。実試料測定を交えた技術相談もお受けいたします。

 

 

デモ依頼・ご質問等受け付けております

 

よくあるご質問はこちら

 

arrow_drop_up