ほうじ茶の香り立ち | 理化学製品の株式会社バイオクロマト | 理化学製品の株式会社バイオクロマト

ほうじ茶の香り立ち

アプリケーション

目的

飛行時間型質量分析計を検出器として2種類のほうじ茶について,香り成分の比較分析を行なった.

実験方法

イオン源  ChemZo バイオクロマト社製
質量分析計 compact QTOF Bruker社製
測定方法  常温のほうじ茶(ペットボトル)をビーカーに移し,香り立ちをチューブを介してMSに導入.
解析方法  Spectra Scope及びData Analysisソフトを用いてマススペクトルから
香り成分を抽出.

 

結果

Fig.1に2種類のほうじ茶から検出した代表的な香り成分のEICを示した.いずれも測定開始と
同時に高感度に検出され,30秒後も同様な強度を保持した.また、ほうじ茶Aの方がやや強度
変化が見られたが,両ほうじ茶ともほぼ同様な強度でこれらのマーカーイオンを検出することが出来た.一方、m/z 112.0759のマーカーは両ほうじ茶から検出されたが,ほうじ茶Bの強度がほぼ
半分であることが分かった.同じ香り成分を含んでいても,このような強度の違いが飲料の味や風
味を特徴づけているのではと考える.Fig.3にマーカーのマススペクトル及びMH+として精密質量
から求めた化学式候補を示した.

 

アプリケーションに関するご質問は、お気軽にご連絡ください。

 

香り立ち/加温時の香り計測システムについてはこちら

※また、アプリケーションのタイトルを一覧でご覧いただくこともできます。下記のリンクページにて、各アプリケーションノートPDFをダウンロードいただけるタイトルリスト(EXCELファイル)がございます。

アプリケーション一覧はこちらのページより

 

arrow_drop_up