プレートシール第4弾

ユーザーズボイス

プレートリーダーで発光を測る際、シールを貼ったまま測定出来ています

(本製品は販売中止となりました) 詳細はこちらをご覧ください : 製造中止のお知らせ

今回はRAPID CRSをご使用頂いている研究者様に、使用方法や製品に関するご意見をお伺いして参りました。
(インタビュー先:製薬メーカー 創薬化学 M様)

菊地
本日は宜しくお願い致します。
それでは、どのような場合にプレートシールの使用をされているのでしょうか?
M様
宜しくお願いします。創薬のハイスループットスクリーニングで吸湿や揮発防止の目的で
プレートシールを使用しています。
基本的には使用目的によって数種類のシールを併用しています。
菊地
それではRAPID CRSはどのように使用して頂いているのでしょうか?
M様
RAPID CRSは透明度が高いシールなので貼ったままP社のプレートリーダーで発光測定する際に
使用しています。
菊地
プレートリーダーを使用する際の従来感じていた課題など詳しく教えて頂けますか?
M様
プレートリーダーは発光測定の際には、周辺のウェルからの光の漏れであるクロストークを
防ぐ目的で一般的にアパチャーを設置していますが、測定するサンプルの液性や容量により
アパチャーが汚れてしまう場合があり、測定値に影響が出る事を避けたいと思っていました。
菊地
なるほど。光の漏れも測定結果に影響を及ぼすのですね。
そのような背景でRAPID CRSを選んで頂けたのですね。
M様
そうですね。アパチャーへの汚れを防止する目的でシールを貼り、そのまま測定が出来る事が
メリットに感じています。
菊地
ありがとうございます。
今回、昨年11月から開始されたまとめ買いキャンペーンで購入頂いた経緯がありますが、
低コストの観点などがあったのでしょうか?
通常1箱18,000円(100枚入り)のところ5箱49,000円となっております。
M様
測定結果の条件がクリア出来れば、低コストの製品を選択するようにしています。
今回行われていたキャンペーンを利用し、ストックを目的として注文させて頂きました。
菊地
まとめ買いキャンペーンをご活用頂き誠にありがとうございます。
今後も気になる点などありましたら随時ご相談頂ければ幸いです。
本日はありがとうございました。

取材者のコメント

今回、訪問させて頂いたM様は、創薬において膨大な数のサンプルをこなす必要がある為、
96穴、384穴、1536穴などのプレートを用いて、使用目的によってプレートシールの
使い分けをしておられました。

代理店様からサンプルの提案を受けて、試しに使用してみたところ、シールを貼りながら
アパチャーを汚すことなく、そのまま測定が出来たので採用したとお言葉を頂きました。

今回、RAPID CRSの使用について貴重なご意見を頂く事が出来ました。
今後もより良い製品になるよう取り組んで参りますので、宜しくお願い致します。
(取材担当:菊地)

RAPID CRS の製品情報はこちら>>

 

デモ依頼・ご質問等受け付けております

納入先一覧

arrow_drop_up