RAPID EPS エビデンスシート 有機溶媒耐性 | 理化学製品の株式会社バイオクロマト | 理化学製品の株式会社バイオクロマト

RAPID EPS エビデンスシート 有機溶媒耐性

製品情報

要旨

プレートシールは、 ウエルプレートをカバーする為に使われるため、試料と接する粘着剤には実験や分析時に使われる溶媒に対して、耐性を持つことが望まれる。
RAPID EPS と市販品で溶媒耐性と されているプレートシール(シール A 、シール B 、シール C )の有機溶媒(メタノール、アセトニトリル、DMSO )に対する耐性をMS分析で確認した。その結果、競合品のシリコン系粘着剤からシロキサン類が溶出し、RAPID EPS の特殊合成ゴム系粘着剤からは、溶出がほとんど見られなかった。したがって、 RAPID EPS は、競合品よりも有機溶媒耐があることが明らかになった。

方法

各種プレートシールを5mm × 10mm の断片にし、 1.5ml エッペ ンチューブに入れ、有機溶媒(メタノール、アセトニトリル、DMSO )を 1.5ml 注ぎ、ボルテックス、ソニケーションし、室温で 6 日間静置した後、各チューブから3 サンプルずつ LC/MS 分析した。 (概要は、図 1 をご参照下さい。)

<図1 実験概要>

結果・まとめ

主成分分析からRAPID EPS は、他のシールよりプロットが有意にブランクグループに近いことから(図2)、粘着剤からの溶出が少ないことが示唆された。この優位差が何に起因するか各溶媒のLC クロマトグラムを確認すると、他のシールにみられRAPID EPS からはみられないバックグラウンドピークがあった(図3~図5)。これらの溶出成分をデータ検索してみるとシロキサン類であることが判明した(図6、7)。RAPID EPS は、メタノール、アセトニトリル、DMSO に耐性があり、粘着剤成分溶出によるコンタミ防止だけでなく、ニードルへのべたつき、目詰まりも防止でき、分析用プレートシールとして最適であることが証明された。

 

<図2 : 主成分分析>

<図3 : メタノール耐性が違う!>

<図4 : アセトニトリル耐性が違う!>

<図5 : DMSO 耐性が違う!>

<図6 : 溶出物分析>

<図7 : データ検索>

 

サンプル依頼・ご質問等を受け付けております

 

RAPID EPSについてはこちら

 

arrow_drop_up