RAPID EPS エビデンスシート 気密性 | 理化学製品の株式会社バイオクロマト | 理化学製品の株式会社バイオクロマト

RAPID EPS エビデンスシート 気密性

製品情報

要旨

プレートシール RAPID EPS の揮発性アセトニトリルと吸湿性 DMSO に対しての気密性を次の4つの温度帯-80℃、 -20℃、4℃、25 ℃で評価した結果、両溶媒に対して低温帯から 25℃まで高い気密性を示した。

方法

溶媒を分注したマイクロプレートにマイクロプレートシールを貼付したものについて、重量変化を経時的に測定し、気密性を評価した。マイクロプレートは、96 ウェルチューブプレート( RAPID Tube Plate 600 、材質: PP 、ウェル容量: 0.6ml )を用いた。

4℃、-20℃、-80℃、4℃、室温 (25℃でほぼ一定)の4つの温度帯で 10日間保存し、1、3、10日間経過時に重量変化を測定した。
保存時は、試料を個々にチャック付きポリ袋に入れ、汚れや霜が付かないように注意した。-80℃、-20℃、4℃の3 つの温度帯で保存していた試料の重量測定は、室温のデシケーター内に 30分から1時間程度置き結露がなくなってから行った。

アセトニトリルとDMSO の各ウェルへの分注量は 300μl とし、96ウェルでの総液量は 28.8mlとなった。上記のとおり実測された重量変化を液体総重量に対する変化量%で気密性を評価した。
液体総重量は、各溶媒密度(アセトニトリル 0.784g/ml、DMSO 1.10g/ml )を用いて算出した。アセトニトリルは揮発性が高いため揮発率(-%)、一方、DMSO は吸湿性が高いため、吸湿率(%)とした。

結果

RAPID EPS は、揮発性溶媒であるアセトニトリルに対して-80 ℃、-20℃、4℃でとくに高い気密性を示した(グラフ1 )。25℃でも10日後の揮発率が約5.4%と高い気密性を維持した(グラフ 1 )。

また、RAPID EPS は吸湿性溶媒であるDMSOに対して温度帯に関わらず高い気密性があることがわかった(グラフ2 )。
一番高い吸湿が観察された25℃での10日目でも、その吸湿率は、約0.3%だった(グラフ 2 )。

 

<グラフ1>

<グラフ2>

 

サンプル依頼・ご質問等を受け付けております

 

RAPIPD EPSについてはこちら

 

arrow_drop_up