電動排液機能を用いるアントシアニン類の迅速分画 | 理化学製品の株式会社バイオクロマト | 理化学製品の株式会社バイオクロマト

電動排液機能を用いるアントシアニン類の迅速分画

アプリケーション

はじめに

・ブルーベリーなどに多く含まれるアントシアニン類は、視力改善、抗酸化などの機能を有する成分として高い注目を集めている。
・ブルーベリージュースを試料として、吸着剤を用いてアントシアニン類を分画する際に、「自然落下方式」と「電動排液方式(コンビニ・プレップ)」での迅速性の比較を行ったので報告する。

試料

・ブルーベリー含有野菜ジュース

実験

・リザーバーに吸着剤(HP20、芳香族系合成吸着剤)10gを入れ、メタノール20mL、水20mLでコンディショニングを行う。
・リザーバーに試料20mLを入れた後、試料を排液する。
・水20mLで吸着剤を洗浄する(2回実施)。
・リザーバーにメタノール15mLを入れ、溶媒抽出画分(アントシアニン分画)を抽出する(2回実施)。
・バイアル中の抽出液を50℃に保温した状態で、吸引式ボルテックス濃縮・乾固を行う。
*「廃液」「抽出」を、「自然落下」と「電動排液(コンビニ・プレップ)」で行い、それぞれの所要時間を比較した。

結果

・下表に示すように「電動排液(コンビニ・プレップ)」は「自然落下」の約1/8の所要時間で処理が行えることが確認された。
・得られた分画は約60mgであり、これをHPLCで分析し、アントシアニン類が分画されていることも確認された(Fig.4参照)。
・電動排液(コンビニ・プレップ)を活用することで目的成分の分画作業のみならず、そのための条件検討も短時間に行うことができるため、分画物の入手に関する作業効率を向上させることが期待される。

 

ご質問・PDFデータのご希望等、お気軽にお申し付けください。

 

分画・精製・脱塩システム コンビニ・プレップM2についてはこちら

 

arrow_drop_up