■粘着テープに採取した微小異物の直接分析 | 理化学製品の株式会社バイオクロマト | 理化学製品の株式会社バイオクロマト

■粘着テープに採取した微小異物の直接分析

アプリケーション

目的

食品等への異物混入に対して、混入物の危険性判断 及び 再発防止のための原因究明などを目的として異物分析が行われる。しか し、異物が極微量の繊維・樹脂・粉末の場合には、粘着テープ等で採取されて分析部門に届く場合があり、顕微鏡下で粘着テープ から異物を剥離する等の前処理に多大な労力を要する。今回、ionRocket DART-MSとKMD解析を用いてセロテープで採取した微 小異物をセロテープごと直接分析したところ、セロテープの影響を受けることなく微小異物を同定可能であることが示された。

試料

粘着テープ : セロテープ
微小異物 : ポリ乳酸 (PLA)
*モデル異物として使用

方法

分析システムは、DARTイオン源と質量分析計の間にionRocket(昇温加熱デバイス)を接続して構成した(Fig. 2)。 試料は、微小異物を含む約 1 mm角を切出してPOTに入れ、室温から600°Cまで100°C/minで昇温加熱しながら質量分析を行い、 得られたMSスペクトルは、KMD解析ソフト(Spectra Scope)を用いて解析した。

結果

Fig.3(a),(b)には、「セロテープのみ」と「PLA付きセロテープ」のTICを、Fig.3(c),(d)には、両試料の熱分解領域のMSスペクト ルを示した。各MSスペクトルだけの比較では、セロテープに付いた微小異物を同定することは困難であることが分かる。 そこで、これらのMSスペクトルを用いてKMDプロットを作成したところ(Fig.3(e),(f))、 Fig.3(f)より、セロテープとそれ以外 (微小異物)のピークが別々にプロットされ、微小異物の各プロットの間隔(72Da)からPLAであることを確認できた。 また、Spectra Scopeでは、MSスペクトル同士の差分が可能であり、微小異物だけのMSスペクトルを抽出できることから、 本解析ソフトを用いると微小異物の解析が更に簡便に行える(Fig.3(g),(h))。
以上より、ionRocket DART-MSとKMD解析を組み合わせることで、セロテープで採取した微小異物をセロテープから剥離するこ となく異物を定性できることが示された。本分析手法は、品質管理や鑑識にも応用できることが期待される。

 

 

ご質問・PDFデータのご希望等、お気軽にお申し付けください。

 

 

多目的イオン源”ChemZo”についてはこちら

 

arrow_drop_up