PET・PBTの迅速分析 | 理化学製品の株式会社バイオクロマト | 理化学製品の株式会社バイオクロマト

PET・PBTの迅速分析

アプリケーション

はじめに

PET、PBTのような主鎖にエステル結合を含む縮合系ポリマーの分析では、分解効率の向上、熱分解生成物の抑制、モノマー情報獲得のために、TMAH(水酸化テトラメチルアンモニウム)などのメチル化剤を併用した熱分解GC/MS分析が行われる。
このようなメチル化剤不要で、前処理なく微量試料を迅速に分析できるionRocketを用いたDART-MS分析を行った。

 

試料

PET樹脂板  PBT樹脂板

 

 

方法

分析システムは、 DART-MS(リアルタイム直接質量分析装置)にionRocket(昇温ユニット)を接続して構成した(Figure 1)。
剃刀で試料の微小切片を切り出し、POT(試料台)に入れて、室温から600℃まで100℃/minで昇温した。

 

結果

Figure 2に各試料のトータルイオンカレントグラム(TIC)を、 Figure 3に各試料の400℃におけるマススペクトルを示した。マススペクトルの解析により、今回測定したPET、PBTのモノマーおよびダイマーが観測された。
PET、PBTの分析にて、 ionRocketを用いたDART-MS分析では、反応試薬添加等の前処理が不要で迅速に分析できることが示された。

 

デモ依頼・ご質問等受け付けております

 

「DART-MS分析用 昇温加熱デバイス ionRocket」についてはこちら

 

 

arrow_drop_up