ニュース

トピックス

レトロネーザルアロマに関するアプリケーションを追加しました!

2020年10月09日

弊社が開発致しましたultra-sensitive ionization”ChemZo”で以下のレトロネーザルアロマ分析を行いました。

緑茶のレトロネーザルアロマ解析

今回はなかなかマーカーを見出せない緑茶に挑戦致しました。
比較しましたサンプルは3種類。抹茶、抹茶入りティーパック、そしてティーパックです。
茶道の心得のある社員により抹茶を点て、ティーパックはポットのお湯を注いで準備いたしました。鼻からの呼気では感度が取れない為、今回は口からの呼気にて測定を行いました。

 

また、マーカー探索の新しいワークフローとして今回のサンプルそれぞれを100℃まで加熱した際にどのような香気成分が得られるのかを昇温加熱デバイスを用いた測定も行いました。マーカー探索ソフトによって見いだされ、且つ100℃まで加熱して確認されたイオンにてEICを描画しております。
>続きを読む

※関連ページ  >レトロネーザルアロマ計測システム製品ページ

※分析アプリケーションに関して、最新版をメールマガジンでご案内しております。
ご希望の方は、下記よりご希望をご連絡ください。
(お問い合わせ内容に、「アプリのメルマガ希望」とご記入ください。
>登録はこちら

 


ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。


arrow_drop_up